敏感肌

敏感肌になりやすい原因って?

敏感肌の原因は人により様々です。
例えば、生まれつき肌が弱いアトピー体質が原因の方もいれば、ストレスや偏った食事が肌に悪影響を与え敏感肌になってしまう人もいます。
特に敏感肌予防に必要なミネラル・ビタミン類が現代人には不足しています。野菜ジュースやサプリメントを飲んでいるから大丈夫と思っていても、生野菜や果物から摂取する場合に比べると体内摂取量は低くなります。また、サプリメントですと特定のミネラルやビタミンの過剰摂取を引き起こす原因ともなりますので、それだけに頼った摂取は控えることをお勧めします。

 

また、自分の肌に合わない化粧品でスキンケアを行ったためにアレルギー症状を引き起こして、他の化粧品を使ってもかぶれやすくなったり湿疹ができるというケースもあります。刺激の強い整髪料・スクラブ入りの洗顔料を多用することで、肌を強く刺激してしまったり、必要以上の皮脂を洗い流してしまうこともあります。

 

他にもハウスダストが原因となり敏感肌になることもあります。ダニの死骸や塵などのハウスダストは、目には見えにくい・見えないほど細かく、歩いたり物を動かしただけで簡単に空気中を漂うことがあります。そのため、知らず知らずのうちに肌を蝕み敏感肌となってしまうこともあります。

 

このように、敏感肌の原因には先天性のものだけではなく、食事や生活環境による後天性のものが多くありますので、今敏感肌にはなってないという人でも、これから敏感肌になる可能性は十分にありますので注意が必要です。